轟水源

細川支藩(3万石)初代細川行孝公が宇土入部後,ここを水源として 4.8kmの市街地まで上水道をつくったのが始まりです。
今でも100戸余りの人々が生活用水として利用し,現在使われている上水道では日本最古といわれています。
水源の轟水源は,歴史的価値も認められて環境省選定“日本名水百選”に選ばれています。
またここの水は,昔から肥後の名水として折紙が付き,特にお茶に適し,飲料水のほか灌漑用水,防火用水として幅広く使われてきました。近年は,中秋の名月の日に,水源の水を使った名水名月茶会が轟御殿跡で催されています。
PHOTO
DATE
轟水源
所在地 宇土市宮庄町
アクセス JR宇土駅から車で約10分
備考 駐車場あり
MAP

一覧へ戻る

宇土市観光物産協会

〒869-0492
熊本県宇土市浦田町51番地 経済部 商工観光課
TEL 0964-22-1111(内線2326)/FAX 0964-22-6032