住吉自然公園

住吉自然公園は,三角大矢野海辺県立公園の一角にあり,古くから景勝の地として知られています。
以前は離れ小島で,樹種240種,樹齢約200年のタブ,シイなど照葉樹の原生林におおわれており(スダジイ林は環境省指定),このこんもりとした森に900年の歴史を持つ住吉神社や東屋,日本最古の灯台跡に建てた白亜の灯台があります。
島の周りには,約1000株の紫陽花が植栽され,6月中旬の日曜日には,『~有明海の汐風とともに~紫陽花マンドリンコンサート』と物産展が開催され,多くのミュージックファンで賑わいます。

また,頂上に鳥居が立っている風流島(たわれ島,たばこ島)は,約300m沖の遠浅のところにあり,最大幅約60mの岩礁。
肥後の玄関口としても有名で,伊勢物語や枕草子,後撰和歌集でもその名が登場します。

有明海は,日本一の「のり」生産地です。公園の中腹には,海苔養殖の技術開発のきっかけとなった「糸状体期」発見者のドゥルー女史の功績をたたえ,顕彰碑があり,毎年4月14日にはドゥルー祭が行われます。
PHOTO
DATE
住吉自然公園
所在地 宇土市住吉町
アクセス JR三角線住吉駅から車で約3分
備考 駐車場あり
年間行事
4月・・・ドゥルー祭
6月・・・マンドリンコンサート
MAP

一覧へ戻る

宇土市観光物産協会

〒869-0492
熊本県宇土市浦田町51番地 経済部 商工観光課
TEL 0964-22-1111(内線2326)/FAX 0964-22-6032